新之助上布の制作工程

Manufacturing Process Shinnosuke-Joufu
以下、手織り 絵絣の制作工程の一部です。
 

1.綛繰(かせくり)

紡績した糸を綛繰で仕上げる。

 

2.羽根巻き

織機の幅に合わせて「羽根」という枠に糸を巻き付ける。
緯糸(よこいと)だけで織物のような状態を仮に作り、そこに柄を付ける。

 

3.型紙捺染

型紙を使い柄を捺染する。

 
 

 

4.蒸す(ボイラー)

ボイラーで蒸して糸に染料を定着させる。

 

5.かすり分け

染めた緯糸を水で洗い、乾燥させて後、繰り分け台に掛けてかすり分けする。

 

6.織り

ここからがやっと織る作業。
かすり分けして管巻きをした後、織機に準備しておいた経糸(たていと)に柄合わせをしながら織り込むと、陰影の付いた美しい柄が少しずつ現れる。

 
微妙な味わいを持つ新之助上布の絵絣は、こうした工程を経て、一反ずつ丁寧に作られている。

×